数年前から”原因不明の体調不良”というカテゴリーで、自分の身体に、不定期で訪れる体調不良について、自分の身体で試したり、文献を探してみたりで、自分なりの結論にたどり着いたのは、”地球ってマジでアセンションしています”でした。

 

 

太陽風

太陽フレア、太陽風、磁気嵐によっておこる体調不良と闘っていました

更新にだいぶ時間がかかっていまいました。9月ごろから、ずっと頭に靄のかかったような状態で、パソコンの前に立てるコンディションではなかった、というのが理由なのです ...

投稿日 2018/12/05

 

↑ここにも紹介させていただいたのですが、地球の心音と言われるシューマン共振が、8Hzから112Hzに急上昇している時期に、人生で一番の”原因がわからない体調不良”を経験しました。

 

一般的に、シューマン共振は人間の脳にリンクしていると言われており、人間は7Hzから13Hzが、いわゆるリラックスしている状態に表れるα波状態で、自然に触れるとリラックスできるのは、このシューマン共振に同調できるからだと言われています。

 

これが一気に112Hzに上昇したとあれば、これに同調するとしたら、ガンマ波は30Hz以上の脳波となり、これは「超興奮状態」を示します。

 

つまり、シューマン共振の上昇は、脳波の「超超超超☆興奮状態」を作り出すので、身体に変調をきたすのは、容易に想像できるかと思います。

 

 

  1. 倦怠感、起きても疲れが抜けてない
  2. スタミナフードを食べても一向に効果ない
  3. 心臓の動悸が激しい
  4. 血圧の変化
  5. 必要以上にネガティブに物事を捉えてしまう
  6. 心臓の動悸が激しい

などなど

 

 

 

こういう話を身内に話しても、なかなか伝わらなくてもどかしい気持ちでおりましたが、先日、東大の研究チームが、退化してなくなったと思われている人間の第六感について、研究発表があり、それには「人間にも渡り鳥やイルカと同じく、磁気を感じる能力があった」というものでした。

 

産経新聞より 2019.3.19 ライフ科学

人間の「第六感」 磁気を感じる能力発見 東大など

 

ちなみに、この第六感について、youtubeでわかりやすく解説されておられる「naokiman」さんのURLを添付しておきますね。素人でもめっちゃわかりやすいです☆彡「世界中に現れるミステリーサークルの謎

 

 

そうそう、これこれ!

 

春分の日と秋分の日は陰と陽が逆転するタイミング(日の長さも反転します)で、もちろん磁気系統も最高潮になるようです。

 

(余談ですが、東海大学の新聞によると、多くの人が一生に一度はみてみたいオーロラの発光するその電源は、太陽風による発電で、オーロラとはつまり太陽風の観察でもあります。そのオーロラは、北極にも南極にも現れるものですが、南北両半球で同時に観測できるのは年に2回、両極地方が同時に暗夜となれる春分と秋分の期間に限られるそうです。いかに春分と秋分の日が大切か納得させられる記事でした。地磁気の変動とオーロラ

 

 

様々な本や講演会、ネット上のブログなどで「アセンション」について騒がれていても、「それが自分の生活の中に、どれほど関係あるのか」ということしか考えなかったので、あまり気にも留めなかったのですが、

 

自分に訪れた謎の体調不良は、生活を脅かしましたし、解決方法がわからない恐怖みたいなものを経験しました。

 

だからこそ、その原因が”シューマン共振の急上昇”だったことを、身をもって学び、そこから、巷で言われる”アセンション”について、もう一度、向き直してみました。

 

 

アセンションとは、個人の意識のみで上昇する

 

 

つい先日も、Twitter上で友人が「●●さんの情報によると、今年の春分の日からポータルがひらいて、来年の春分の日に閉じるから、早く上昇しなくて!!」とつぶやいていて、大きな違和感を感じました。

 

確かに、地球は上昇中なのだと思います。

 

しかし、誰かに言われて、半信半疑のまんま、次元上昇を焦るというのは、どうにも本末転倒な気がするんですね。ベースが怖れだから。

 

これだと、昨日テレビで放送されていた、昭和の不思議な宗教団体パナ●ェーブと、言っていることが同じに思えるんです。

 

 

教祖さまが、キリストと話ができるチャネラーと呼ばれる人の話を盲信することに、大きな違和感があります。

 

 

次元上昇とは、そもそも、きっと、不安や恐れのない愛ある世界だと思います。

 

私自身、数人の治療家さんや、波動修正などを受けて、体感した”愛”の感覚は、たまらない幸福感でした。

 

しかし、保つのがなかなか難しかったです(/ω\)。

 

一度、誰かにインストールしてもらっても、それを持続して自分のものにしていくのは、まぎれもない自分の意識でしかないので、

 

恐怖で誰かに何かをインストールしてもらって大金を支払うくらいなら、自分の感覚を信じて、波動の高い場所に触れたり、多くの人を魅了するアーティスト(多くの人の魂に響くということは、それだけ波動が高くて強いからです)に会ったりと、自分の意識と答え合わせをしてけばいいのではないかなとも思うのです。

 

一度、愛を体験してみると、自分の身体に感覚として残ります。

 

言葉で表現するのはすごく難しいのですが、「絶対的安心感」というのでしょうか、なんでもいい、死さえも祝福かも、と思った感覚です。だから、生がさらに愛おしく感じる感覚でした。

 

 

地球が数値的にみても次元上昇しているなら、その波動を借りて、自分自身もステージアップしてみる感覚で、アセンションを理解するとOKなんだと思います。

 

自分に与えられた才能をギフトとし、自分自身が納得する世界観を、自分だけで作っていく。世界の中心は自分自身で、この世界は自分が創りあげていることを納得し、自分が心地よいところを追求していくと、

 

周りが何を叫ぼうが、アセンション商法みたいなものには巻き込まれなくて済むかもしれません。

 

地球が周波数をあげている今、

環境が後押しとなって、自身の上昇にも、自然につながります。

 

身体が重い、と感じる私は、まだまだバイブレーションが低いと思うので、自分の中にある考え方の癖や、意識をしっかりと観察して、不要な思い込みを徹底的に掃除していきたいと思っています。

 

これを続けていると、自然と平穏しかない次元上昇した世界をみることだと思いますし、それがアセンションなのではないかと思っています。

 

 

もし今、あなたが、不足なく、平穏で、

幸せを感じることができていれば、それがもう、アセンションなのです。

 

次元上昇はそのようなところにある気がしている、この頃です。

 

 

 

 

原因不明の体調不良への対処方法

 

私の周りでも、春分の日を境に、体調不良を訴える人が増えてきています。季節の変わり目だから、とか、花粉症の症状だから、と、なんとかやり過ごす人も多いかと思いますが、春分の日の地磁気の乱れも、一つ頭に入れておかれても良いかと思っています。

 

病院に行っても原因がわからず、生活の質を落としつつも耐え忍んでいる方が、本当に多くて、これも目に見えない周波数の変化だと言われてもピンとこない方も多いと思いますが、原因の一つかと頭の片隅に置いておかれるのも、一つかと思うのです。

 

自分自身、原因がわからずに、自分を責めすぎた経験を持つために、これは声を大にしてお伝えしたいことでもあります。

 

 

春分の日を境に、私はまず頭が筒に入っているような、閉塞感、不安感、どこか地に足がついていないかのような、ふわふわとした時間でした。

 

さらに、心臓がもともと強くない自分は、寝る前に動悸が激しくなったりしました。

 

さらにさらに、ここ半年以上、定期的に訪れていた生理(健康のバロメーター)が、予定日に来ず、一度スキップしたようです。

 

どれもこれも、脳の視床下部で指令を受けて機能する内臓なので、地磁気の乱れが脳を乱した、と直感しました。

 

人間の身体にも、オーラと呼ばれる地磁気が身体の外側に存在しています

 

乾燥した時期に、誰もが静電気でバチバチっとなったことがあるかと思いますが、私たちの身体の表面には、電気の層が存在しています。

 

これは、地球を隕石衝突や太陽風から守ってくれる地球磁気圏と同じ働きで、私たちの周辺に潜む菌やウィルスも、ブロックしてくれるのですが、

 

春分の日に、地球と同様、オーラも乱れ、少し弱まるのではないかと推測しています。(春分の日をさかいに、再び風邪をひく人が多いのは、これも要因ではないかと思えるのです)

 

 

とまぁ、春分の日は、何かと体調に影響を与えてくるのは、昔の人は「季節の変わり目」と養生を促していたかと思うので、恐れることはないのですが、オーラに受けた傷は、早いこと修復しておきたいものですね。

 

でないと、5月や6月まで体調不良が長引くようです。

 

 

この、謎と思われる原因不明の体調不良、回復の仕方は、驚くほどシンプルで、ただひたすら、寝てください。

 

時間を見つけては、とにかく眠るのです。

 

スタミナをつけるために、と肉を食べる時間があれば、それを睡眠にあててください。寝て寝て寝て寝て、自らの力で、何か動きたいと思えるまで、辛抱強く、休んでみてください。

 

身体、というより、脳を含む磁気系の補修なので、栄養は、とにかく眠ることです。春になれば、とにかく眠い、というのは、身体が自然と治癒する本能が働いているので、それに従うことが大事です。

 

可能であれば、休日は目覚まし時計をかけずに、もし家族に邪魔されるのであれば、夫婦で協力して、もしくはホテルなど、非日常の場所に変えてでも、自分の身体が「もう大丈夫」と言ってくれるまで、眠ってみましょう。

 

解決方法が、眠るだけ、というのは、少し拍子抜けするかもしれませんが、オーラを強化する方法も、同じく、眠るという行為です。エゴがでてこない、シンプルに魂だけの存在になる時間を増やすという意味でも、4月は時間を見つけて眠るようにしてみてくださいね。