前世

2019年の初投稿が、もう2月になっておりました(/ω\)

 

書くことがない、というわけではなかったのですが、

インプットしてアウトプットする、を繰り返している私は、

昨年末から、インプットのほうを中心に活動しておりました。

 

そして、一つ、前世について面白いことを発見したので、備忘録しまーす。

 

 

前世って気になりますか?

 

私の住む大阪には、前世カフェというものがあって、一つ前の前世を知るのに1000円、もう一つ前の前世を知るのには、プラス1000円、というサービスがあり、

 

友人たちはこぞってその喫茶店に行っており、私も付き合いで行ったことがありますが、紙ナプキンのようなものに、住んでいた時代と、場所と、仕事を書かれていて、、、「これがわかったとて、今世になんの影響があるんやろ?」と、ただただ戸惑い、、、

 

それから、私自身、すっかり前世については興味を失せておりました。

 

前世は、あるんだろうなーとは思うんですが、それより、そこを知ったところで、現世のほうが大事やん?と言い切っていたのですが、今回は、その考えが覆される鑑定士に出会ってしまいました。

 

 

その方は、ココナラという、自分の特技を販売できるサイトにいらっしゃいます。実はここ、私自身もライターとして登録していたのですが、

 

ここで、まさかの2000円で、とても具体的な前世と、現世の課題を教えてくれる方がいらっしゃいます。

 

 

私の場合、、、ですが、

 

まず前世の人のプロフィールについて、、、「中世ヨーロッパ、女性」と書かれていて、うーん、前世カフェでも同じようなこと言われたけれど、これだけ聞いても、ぶっちゃけ、「それが?!」感を持っていたのですが、前世で関わっていた仕事が、まさかのライター業。

 

しかも、女性が職を持つことに関して、まだ理解が得られなかった時代だったからこそ、非難を受けながらも、活動していた、等々のことが書かれていました。

 

課題は、自己表現についての制限をなくすこと、女性が活躍できることを証明すること、PRや商業的な文章を、、、などなど。もう少し詳しく書かれていましたが、これを読んだとき、鳥肌が立ちました。

 

 

実は、この仕事は、なりたくてなった、というわけではなく、小学生の頃の読書感想文は本当に下手で、文章力も、このブログを読んでくださっているとわかるように、あまり上手ではないと思います。

 

しかし、派遣先のある会社の方に「キャッチコピー力」を認められてから、そこで女性が輝けるためのサイトを構築したり、PR文章を徹底的に学ばされて、それが今のフリーランスの仕事に繋がっています。

 

コピーライティングでフリーランスになりたい!と思ったことはなく、本当に自然に、与えられたものを受け取ってきたら、ここにたどり着いていました。

 

 

名前しか伝えていないのに、ここまでわかることにも驚きですが、自分が、意識せず、この仕事を選んでいることに、ぞわっと鳥肌が立ちました。

 

前世など、確認もできないし、今世にどう活かすかわからない、と思っていましたが、無意識で、前世の課題に取り組んでいる自分を知って、前世の存在を、確信することができました。

 

前世を確信することで、私たちが魂の存在で、前世、今世、来世と、人生を楽しんでいるのかも?と考えるようになり、命の期限が、さほど怖くなくなって、今を楽しもうという意識が、さらに強くなったのは、私にとって大きな収穫でした。

 

2000円でこの成果ヾ(*´∀`*)ノ安くない?!(笑)

大阪人根性丸出しですが☆彡

 

 

前世に興味のある人は、ぜひ試してみて欲しいと思います。

 

 

 

前世を知るためには、このサービスのオプション+1000円で可能です。

 

 

提出するのは氏名のみ。それ以外は、鑑定の邪魔になるので、書かないようにと促されています。

 

生年月日などもないのに、なぜここまでわかるかなぁと、実はその後、彼の鑑定をいくつか受けてみましたけれど、うーん、どれも凄すぎる!

 

 

ここまで書くと、サービスの邪魔になりかねないので、控えますが、greenstoneさん、、、やりとりは、丁寧ではありますが、サービス以上のものを求めることに関しては、厳しくルールを設けておられるので、ピリッとした緊張感はありました。

 

しかし、ここまで当たっていたら、良いんじゃないだろうかと思わせてくれます。

 

鑑定の凄さは、彼への感想と評価の高さでも知ることができますし、なにより、販売実績の多さにも表れているかも。

 

同じココナラ出展者として、ここまでの数字を出せるのが、ちょっと羨ましい限りです。

 

 

昔は、霊視などを盲信しておりましたが(/ω\)当たったり当たらなかったりだったもので、占いはさほど興味を持てなくはなっておりましたが、

 

オーラは磁気テープ並みに情報を蓄えている、ということを知ったこの頃は、オーラをスキャンする技術に、とても興味を持っています。

 

greenstoneさんは、オーラを読むタイプで、さらに共感覚を持っている方なので、リーディング能力が高い方なんだと思います。