潜在意識と超意識の役割の違い

巷で引き寄せの法則、潜在意識などが語られるとき「よこしまな願いでも、100%叶えることができる」という説と、「多くの人の幸せを願い、わくわく、ポジティブでいなければ、願いはなかなか叶いにくい」という説があって、時々、頭は混乱してしまいます。

しかし、学びを進めることで、これらの説が、どの意識を始点にして語られているかによって、願いの叶い方が異なるのかも?ということに気づいたので、備忘録したいと思います。

まず、意識の中には、

  1. 顕在意識=はっきりと視えている世界
  2. 潜在意識=無意識で自覚できる世界
  3. 超意識=潜在意識のその先にある意識、集合的無意識

これらの3つがあると言われています。

顕在意識は、私たちが視えるものすべてで、全体の1%にも満たないとわれています。そして、お願い事を叶えてくれるのは、主に潜在意識と、超意識です

願い事を、自発的に叶えていこうと思ったとき、この二つの本当の正体について、知っておくことはとても大切かと思うので、ひも解いていこうと思います。

個人的な願いを叶えてくれるのは、潜在意識です。

とてもおおざっぱな説明かもしれませんが、潜在意識は、私やあなたの命を守ることが、第一ミッションです。それ以外の存在価値はない!と言っても過言ではないほど。

いわば、過保護なお母さんです。何か新しいことを始めようとすると「そんなこと危ないから、やめときなさい」と、全力で引き留めようとします。

大きな夢を叶えてくれるのは、超意識です。

超意識は、多くの人の潜在意識下でつながっている部分です。ここは、視えない世界での中でも「社会部」とでもいいましょうか、第一ミッションは、成長であり繁栄であり、経験を増やすことです。

潜在意識の役割が過保護なお母さんであれば、超意識はライオンのお父さんよろしく、厳しめの昭和の親父なイメージです。子供が家にずっと引きこもっていようものなら、崖から子供を落とすことにも躊躇しない、もっと経験してきなさい!と背中を押してくれる存在です。しかし、ここにも深い深い愛情があります。

 

これら力関係は、超意識>潜在意識>顕在意識です。

私たちが、何か願望を持つときは、自分が作り上げていると思いがちですが、本当は、超意識に叶った状態が存在し、それを潜在意識が個人の願望として意識し始め、努力をし、成長させることによってブレーキを外し、はじめて顕在化されてゆく、という順番となります。

現状維持、安全が大好きな潜在意識(ブレーキ)と、成長、拡大、経験が大好きな超意識(アクセル)と、それぞれの役割分担が違うので、お願いの仕方も、その役割別に変えていけば良いんでは?という結論に達し、自分の成功体験をもとに、あてはめてみました。

大金をがばっと欲しいなら、超意識。生活費は潜在意識

ちょっと強引なお話になるかもしれませんが、潜在意識は、状態を保持することが得意です。なので、持続するものに関する願いは、潜在意識が担当します。

よって、継続的に(潜在意識は反復によって学習します)アファメーションをしたり、新しい観念を作っていくことで、変更が容易な部分です。冒頭でお話した「よこしまな願いでも、100%叶う」と言われているものは、この範囲でのことかと思います。つまり、自分の状態を変えること、が、100%叶う、ということです。

逆に、超意識はチャンスを与えてくれる存在だと認識でOKです。思いがけない方法で奇跡が訪れる、といった物語の盛り上がりの部分は、こちらが担当します。

ここを書き換える方法は、正直言ってなかなか難しいことだと思います。いくら個人的な願望を伝えたとしても、ラスボスみたいなものなので、なかなかいうことを聞いてくれません。

これも、冒頭でお話したように「社会全体の幸せを考えると、願いが叶いやすい」というキーワードが生きてくると思います。超意識は他の人の潜在意識の、さらに奥にある集合意識と言われるところです。そこから、個人の潜在意識にオーダーが行くので、コントロールは難しいかと思いますが、社会全体を良くしたいという気持ちが潜在意識にあふれると、その気持ちに呼応した出来事が、集合意識から届く、といったイメージではないでしょうか。

動物が大好きな女の子が飼育員を任せられるように、自分の意識が色濃くなることで、お役目というものが届きやすいのかもしれません。

 

よく、有名な占い師さん達のコメントに、運命は変えられるけれど、宿命は変えられない
ということが書かれてますが、運命は潜在意識で、宿命は超意識なんじゃないかなーなんて思ったりもしています。個人的な見解ですが(〃∇〃)

でも、安心してください。超意識から発せられた願望は、叶う率100%です。必ず叶います。しかも、そのプロセスにおいて、辛いとかはありません。そこにエゴは存在しませんので、いつのまにか成功していた、なぜだかわからないうちに達成していた、など、無我夢中の状態のうちに達成しているので、それを人は「奇跡」と呼ぶんだと思います。

 

これらを踏まえて、願い事の仕方考えてゆきたいと思います。

健康や、体形は「状態」にあたるので、潜在意識の担当です。自分にとって心地よい状態をイメージしたり、アファメーションなどで新しい観念を加えるとよいと思います。野菜が美味しい!私は健康的なご飯を美味しく食べることが好きだ!など身振りをつけておおげさに話すのもOKだと思います。

私の友人は阪神大震災の震源地に住んでいましたが、奇跡としか言えないことが連続して起こり、無傷で生還した経験があります。こればかりは、もう超意識の領域です。大事故だったのに、無傷だったという奇跡は、自分の意思で引き起こすことは不可能です。火事場の馬鹿力も、ここの領域だと感じています。

お金についても、毎月の収入や貯金額は「状態」にあたるので、潜在意識の領域です。
金額は好きに設定して、OKだと思います。わたしも、借金まみれだったときに、「とにかく貯金100万円!」と決めました。すると、100万円を達成したら、105万円になったとたんに、気が緩んで大きな買い物をしたり、93万円になったとたんに、臨時収入があったりします。

私の潜在意識が、貯金100万円を強烈にインプットしてしまったようで、このセットポイントがなかなか変更できずに困りましたが、199さんの方法を取り入れて、300万円ほどに引き上げた経験があります。

今すぐ、50万円欲しい!
50万円なければ、前に進めない!
今の状態で50万円なんて、お手上げだけど、とにかく必要なんだ!と願っていると、全く見知らぬ人から「若い人を応援したいから」といって50万円を振り込まれた経験があります。

こればかりや、生存を脅かされた状態でもあったので、現状維持が得意な潜在意識も黙ったのかもしれません。超意識からのヒントやアドバイスにそって、無我夢中で掲示板に書き込みをしていました。その時の体験談は「見知らぬ方から50万円の振込み」に書いています。

今だったら、犯罪に巻き込まれかねないので、絶対にやらないことですが、あのときは、ただただ無我夢中だったように思います。状態は、思いっきりネガティブでしたし、ずっと消えていなくなりたいって思っていました。起死回生ともいえるおとぎ話のような出来事は、きっと超意識の仕業だと思います。

 

このように、潜在意識と超意識の役割の違いにフォーカスして願い方を変えてみるのも面白いと思います。
誰かの参考になりますように☆

後日談

私がのちに経験するストレスクリアというセッションは、ブレーキにあたる潜在意識と、アクセルにあたる超意識の間に挟まって身動き取れない私が抱えるストレスを、整理し、潜在意識と超意識の目的を統合していくというものだったのかなぁと思います。これからの世界をよりよく生きていくためには、潜在意識と超意識との葛藤を小さくし、より楽に自分だけの幸せをつかんでいくという視点も大切なんだと感じています。