潜在意識を使って宝くじで3億円を引き寄せた方の体験談から学ぶ

2003年10月11日 宝くじで3億円 ジョセフマーフィーの潜在意識の法則Part10
388 :あなたのうしろに名無しさん

はじめて買った宝くじで3億円当ててしまいました。
連番5枚買っての大当たりです。

宝くじなど全く買う気はなかったのですが、買う前日に「必ず宝くじは5枚買わなければいけない」
という強制にも似た気持ちが自分の心を支配していました。

なぜそうなったのかわかりませんがこれは神からの啓示だと思っています。

これは、超意識の働きがうまく作用して当選された体験談と言えるでしょうか☆彡

最近、モノゴトをみる視点が変わってきたのか、一つの確信めいたものが生まれてきています。

上記にある体験談などや、このサイトでも紹介させていただいたここも199式~潜在意識をつかって宝くじを当てた方の体験談の中にも、こういった奇跡的な出来事が起こるときは、

「買う気はなかったのですが、なぜか、、、」や

「ナゼか、駆り立てられ」など、

理論的には説明できない、すごい力が加わっているように思います。

 

ザ・チケットに描かれている「別の領域」からのエネルギーなのではないかと思うのです。

別名でいうと「超意識」です。

 

自分自身も、こういった起死回生的な体験はしていますが、その時も、普段なら考えなさそうなこと、一般的に、そんなことありえない、と思われるようなことが頭に浮かび、

何度もエゴで「無理だよ、そんなのってありえない」と打ち消そうとするのですが、「やってはいけないとわかっていても、やりたい!やりたくて仕方がないよぅ!」と、そわそわする子供のように、もう、それに手を付けたくてたまらなくて我慢できないくらいのパッションがわいてきて、

最後は「失敗しても、ゼロにはならないもん!やるだけやってみよう!」と重い腰が、するんと軽くなって、行動→実現させていることが多かったような気がします。

 

ザチケットでも描かれているのですが、結局は、ネガティブに考えていたって、最悪な状況であたったとしても、叶うものはどうしたって叶うんです。

 

「別の領域」の力は、私たちの意思なんて軽く吹き飛ばすだけの力は持っているので、思う存分、ネガティブになってOkだし、そんな自分を愛おしく思えるようになれば、「別の領域」へのトンネルが広がっていると実感してOKなような気がしています。

 

2016.02.15の時点では、これが正解だと考えています。

追記:2016.10.15

なんとなくの結論の追記:恒常的なものを変えていくには、潜在意識へのアプローチ。奇跡的なものを求めるのであれば、超意識へのアプローチが必要かと考えています。詳細は、潜在意識と超意識の役割の違いにて