人間関係の究極は、自愛なのかもしれません

人間関係の問題ってすごく心が疲れます。

 

感情的になっているときは、自分が正義で、相手が悪といった方式をとって、怒りに満ちていると思います。

 

どうしても解決できなくって、職場を変えたり、連絡をとらなくなったりと、現象で対処すると、これまた本当に不思議なのですが、新しい職場で人は違うのに、全く同じような問題にぶつかったりします。

 

人間関係に関する問題は、繰り返します

 

恋愛だと、付き合う男の人、なぜかいつも「だメンズ」というパターンの繰り返しかな、本当に不思議と繰り返します。ほとほと疲れたときに、ふと思います。

 

私が引き寄せているんじゃないんだろうか、、、

 

人間関係は鏡あわせだからね、と人生の先輩から聞きますが、確かになぁって思うことがありました。

 

私は、実験をしてみたくなりました。
相手からの評価って、実は自分が相手に言わせているんじゃないかな?と思ったことがあるからです。

 

そこで、小さなメモ帳を買ってきて、

「私って、実は綺麗なのかも」
「私って、実は料理上手なのかも」
「私って、実は人気者なのかも」

と、意識の抵抗を抑えるためにも、「実は、●●なのかも」と控えめに書いてみました。
(私は自尊心が低めなので、少し控えめに書いたほうが、意識の抵抗が起こらなくて叶いやすいみたいなもので。。。)

 

すると、本当に不思議なのですが、初めて会った人や、いつも遊んでいる友達からも、改めて

「美柚って、なんかめっちゃ綺麗やなぁ」
「美柚さんって、綺麗系ですよね」と、こんなに褒められるのって、人生初かも!?っていうくらい頻繁に言われるようになりました。

 

また、「美柚さんの旦那さんって幸せですよね、何作っても美味しそうにみえるから、帰ってくるのが楽しいと思うよ」など、料理上手のレッテルが、勝手にはられていたんです。

 

逆に、自分のことがそれほど価値ないかもって思っているときは、他人の口を借りて、私に伝わってきますY(>_<、)Y

 

評価ってさ、自分が自分に対しておこなっているもので、時々、他人の口を借りて
私に伝えてくるんだなぁーってそのときから思ってます。

 

私の友人に、人間関係のトラブルに見事、無縁な女性がいます。

 

その人を観察していると、思ったことはきちんと伝えているし、何より、自分に対しての信頼感が半端ないんです。あっけらかんとしている性格で敵もいなさそうなのですが、ご本人に聞いても「そうなんです、私、昔から、本当に不思議なんですが、人間関係のトラブルがなくって」とおっしゃられます。

 

自分で自分にレッテルを貼っていると知れば、相手から何を言ってもらいたいかを
自分でコントロールできたりするので、自分へのレッテルの貼り方を、変えるという意識を持ってみるのも人間関係を整えるのに有効かもしれませんね☆彡