最近購入した3万円ちょっとのDVDが、自分の今まで漠然として理解していたことの答えが詰まりすぎて、毎日見続けています。

 

これだけはまったのって、マイケルジャクソン以来かも(笑)

 

その中で、心に刺さった言葉をピックアップして備忘録したいと思います。

 

 

コインの裏側に仏様

 

どんな願いでも、絶対に叶えてくれる存在をご存知ですか?

 

例えば「ザ・チケット」では「立場に立つ」

 

例えば「運がいいとき、「なに」が起こっているのか?」では「超意識」

 

他にも、集合意識や、神仏宇宙意識など、いろんな書籍で語られている存在ですが、著者によって、その表現は様々です。が、要はシンプルに

 

自分の思考をすべて実現してくれる存在

 

という概念が、どの願望達成の方法にも存在します。

今日はそれを神様という名称で統一してゆきたいと思います。

 

 

私が今学んでいるDVDには、生命を宿る瞬間、神様が憑依するという考え方で、人間の基礎は、すでに神様。その後に、様々なエゴが憑依されて、人間らしくなっていく。

 

反対に、憑依をどんどん剥がして、エゴを剥がしていくことで、生命の源である神に出会うことができる。この神様は「すべてを実現させてくれる存在」だと仮定しています。

 

DVDでは、

 

神様は絶対に失敗しません

神様は完璧なので、叶えられないなんてことは、絶対にありません。

 

と、言い切られています。

 

なので、今まで、「神様にお願いしても叶わなかなったよ~」という人は、神様の耳に届かなかったか、願い方を間違えたんだと推測されます。

 

神様に届いた願いは100%叶うからです。

 

 

神様にたどり着くには?

 

まずは神様の居場所を整理しましょう。

 

願いを叶えてくれる神様とは、神社にいるわけではないんですね、ちょっと残念ですが。

 

私たちの神様は、自分の中に奥深くに、今もいます。

 

DVDによると、神様は、エゴの裏側におられます。

コインの裏側です。

 

 

裏側に潜ってお話しようと出向いても、自分の裏側におられるので、お話しに行くことは本当に難しい。

 

捕まえようとしても、自分の裏側におられるので、永遠に続く追いかけっこのように、本当に難しい。

 

つまらない例え話ですが、

 

私の首の後ろに、たぶん「ほくろ」があって、触ってその存在は確認できるのに、目は正面しか見えないので、自分でみることができないんです。

 

ほくろさえ見ることが難しいのに、心の裏側にいらっしゃる神様に出会うことは、存在は感じているのに、みることのできない存在、本当にもどかしいです。

 

まぁ、ほくろに関しては、鏡っていう方法があったのですが(笑)神様に関しては、鏡という道具なんか使えないしね、

 

あれ?違う!

寺社仏閣には必ずと言っていいほど鏡がありますよwww

(その話はまた今度)

 

 

では、どうするか

 

エゴを消滅させるのです。無になるんです。

 

エゴを消滅させると、裏側に隠れていた神様があぶりだされるイメージです。

 

だからこそ、修行にはエゴを無にする瞑想などが取り入れられているわけで、全てのエゴを鎮静化させることで、神様に会うことができるんです。

 

しかし、一般人の私たちがエゴをなくすって、本当に難しいんです。

 

そこで、私たちは神社に赴く。

 

参拝し、頭を下げることで、エゴを浄化させてくれる。

また、脈々と受け継がれている神社の土地が持つエネルギーが、マイナスの想念を浄化してくれる。

 

だからよく「神社で願い事をしてはいけない」と言われるのは、願い事をすることはエゴでもあるから。

 

あくまで神社は「エゴを消滅させて神様に会う」ということを目的にしてゆければ、自分の内側に存在する神様が目を覚ますんじゃないのかな、と推測できるのです。

 

 

もし、瞑想が上手にできて、自発的にエゴを消滅させていくことができれば、神社に赴かなくても、神様とお話ができるのでしょう。

 

睡眠前に願い事を唱えることが大切だと説いたマーフィーは、睡眠によってエゴが静かになるというからくりを知っていたのでしょうか。

 

 

神経とは、神が通る経(みち)と書きます。

これは、内側に神様がいると昔の人は知っていたんだと思います。

 

神様は自分の中にいるということを、神社に赴くことで、まずはしっかりと体感してゆければなあって思いました。

基礎から学ばないと、願ったことと反対のことを引き寄せてしまう?!

勉強には基礎から応用が存在します。基礎を知らずに応用を使うと、とんだしっぺ返しがやってきます。

 

それは、願ったことと反対のことが実現してしまう、ということです。

 

小学生の自分が、いきなり大学生のテキストを渡されて「あなたの願いは本当は全て叶っているのです」と言われても、「叶ってないじゃん!叶っていないのは、自分が悪いせいなのか?!」と、自分を責めてしまうかもしれません。

 

自分を責めるということは、願いを叶えるための大きな障害でしかありません。基礎を知らずに、応用から始めるということは、このような回り道をしてしまいます。たくさん失敗した私だから、強くお伝えしたいことは、

 

基礎から学ぼう!

 

です。

 

基礎を知らずに、amazonにて耳障りの良い本ばかりを集めても、たまたま成功した人が書いた内容は、読んだ後に元気は出るけれど、数日で読んだことさえ忘れてしまっているのではないでしょうか。

 

数千円で買える無駄な数十冊より、数万円で買える貴重な一冊のほうが、情報量が圧倒的に異なります。

 

私が、この基礎を学べるこのテキストに出会ったのは一年前。そのころの自分は、まだ本気度が足りなくて、テキストの存在を知りつつ、スルーしてました。

 

そして、amazonにて気になる本を取り寄せまくったけれど、一年後、全く変わっていない自分に気づいて愕然とし、本気で泣きました。

 

「本気で変わりたい!」というスイッチが入って、購入を決意します。

 

読み進めるたびに、今までの本が、いかに断片的な情報だったかということに気づかされます。都合の良いことだけを考えているだけでは、幸せになれないこと、寄せ集めていた情報のパズルが、最後にピタ!っとくっついた達成感を感じらたのです。

 

なぜ成功する人が成功するのか、なぜ幸せな人が幸せなのか、本当にわかりやすい。

 

支払った対価はきちんと戻ってきています。いや、支払ったそれ以上を受け取っています。お金で買うことのできない、大好きな人との絆が手に入りました。おまけてきな幸せだと、自腹を切らずに、土地と家があっという間に手に入りました。

 

なぜ自分にだけ引き寄せの法則が効かないのか、なぜ本願だけが叶わないのか、を知りたい方は、このページを読むだけでも学びがあるので、ぜひこちらをクリックして読んでみて。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓