単一摂取は本能が抵抗する、ということから学ぶ潜在意識の書き換えテクニック
りんご、りんご、りんご・・・
ゆで卵、ゆで卵、ゆで卵・・・
おかゆ、おかゆ、おかゆ・・・

 

単一ダイエットが続かない理由は、あなたの頑張り度が足りないせいではありません。

 

同一のものばかりを食べていると栄養が偏り、生命の維持に危険が迫ります、なので、潜在意識が全力をもって阻止しようと働くからです。

 

生命維持、これは、潜在意識の働きの中で、優先度の一番高い働きです。


あなたの意思の力は1とすると、潜在意識の力は99です。

 

勝てるわけはありません。

 

新年の誓いで、毎日ウォーキングします、が、続かない理由も、あなたのせいでは決してありません。これも、ぜーーーんぶ、潜在意識のせいです。

 

潜在意識という、自分の内側にいる強力な防衛団の団長で、例えば自分の意思で息を止めていても、死んでしまうことはないのは、この防衛団が意思より勝っているからです。

 

繰り返しますが、あなたの意思の力は1とすると、潜在意識の力は99です。勝てるわけはありません。この基本をおさえたところで、

 

例えば食事について。

 

同じものばかりを食べ続けるダイエットは、例えすべてのバランスが整っている完全食であっても、潜在意識からみると脅威です。もともと私たちの体には、栄養が偏らないように、まんべんなく食べるようにと味覚が発達しています。

 

様々な味を楽しむことで、バランスのよい栄養を吸収するという人間本来の本能によるものなので、これにあがなおうと思うのは、先ほどの、あなたは息を止め続けられますか?と同じように、防衛団が全力で阻止しようとします。

 

潜在意識の第一のミッションが生きることなので、死に関わることは、自分の意識など関係なく、全力で拒否します。この働きを知らずに、「自分は根気が無い」などを自己否定することは、まったくもって無駄なことなのです。

 

運動や勉強などの新しい習慣も同じです

 

苦痛を伴うと、潜在意識が判断すれば、強力なストップ作用が働きます。では、どのようにして習慣化するべきか。

 

潜在意識の唯一の突破口は、イメージです。イメージ力を使って、その習慣が、未来が安心安全であるものということを潜在意識が理解することで、今度は強力な応援団を味方につけられたので、とことんスムーズに運びます。

 

よって、なにかしなければ、、、と中途半端にはじめた行動より、目的を明確にし、そこが安心安全、幸せであることを感じてからはじめるほうが、習慣化しやすいのです。

 

潜在意識へのコミュニケーションは、言葉ではなく、イメージです。到達した映像をイメージすることも大切ですが、それより大切なのは、感情です。なので、イメージングするときは、リラックスしていることが大切です。

 

その習慣(未来)は、安心で、安全で、幸せです、
このようなことを体感するまでできれば、潜在意識へのインプットは完了です(o^-^o)

 

 

例えば、痩せたいと願っても、そこに食事制限や、運動など、生命活動を脅かす脅威が存在すれば、あなたにいろんな思考を生じさせて、諦めるように仕向けるのも潜在意識です。しかし、痩せて綺麗な服が着られることや、友達から「痩せて綺麗になったね」といった評価をもらった時に、自分がどう感じるかなどを、とことん紙に書きまくって、想像しながらニヤニヤしていると、自然と食事の量が減ったり、階段をみると「歩こう」となったり、欲求が湧き上がってくるものです。

 

やらされている、と思うより、やりたいな、って思えるようになっていると、潜在意識の書き換えが完了していると思ってOKだと思います。

 

まぁ、ダイエットに関しては、ダイエットを止めたほうが痩せるっていう説もあるんですけれどね。