啓発本やブログを探検していると、時々アセンションという言葉に出会います。彼らの解説によると、次元上昇が起こるので、それに乗り遅れないようにしましょうーなんて話で、高額なセミナーやセッションを紹介されると、焦りを引き起こされるような気がして、ちょっと苦手な印象を受けているのは、私だけではないはず!が、先日、めちゃくちゃわかりやすい解説を発見したので、美柚的解釈のまま、解説させていただきますね。

 

アセンションの本来の意味は昇華。
対になる言葉は、ディセンションです。

 

もともと一つの魂だった集合体が、二つに分かれ、またそれぞれが二つに分かれ、さらに二つに分かれて、どんどん分かれてゆき、私たちは分離した存在となりました。

 

この分離してゆく流れを、ディセンションと呼びます。

 

分離してしまったので、不安や孤独に生きる人が増えてきましたが、2013年後半から、惑星の配置が変わり、調和、統合、和合を意味するエネルギーが強くなる時代を迎えたことで、分離から今度は逆の、統合に向かって歩みを変更してゆく人が増えてきているということ。

 

統合してゆくこの流れをアセンションと呼ぶようです。

 

確かに、ここ数年で意識が高まっていく人が多くなっている感覚があります。高校生のころに出会ったマーフィーの法則については、語る場所を間違えると、努力をしないで成功してしまおうというダメ人間気質をからかわれがちで、話題にすることもありませんでしたが、2008年ごろから、私の周りでもスピリチュアル的な話を気軽にできる人が増えてきた感覚があります。

 

全ては完璧なので、アセンションしましょう、という言葉自体がおかしいのかな?

 

本当のアセンションとは、

アセンションしたい?したくない?など、個人レベルなお話ではなく、もっと大まかな世界の流れであること、もちろん、この世界をつくるのは、私たちの一つ一つの想念であり、これからどんどん良い方向に向かおうとしていること、それに身を任せていれば、自然とアセンションしていくんだな、というお話でした。

基礎から学ばないと、願ったことと反対のことを引き寄せてしまう?!

勉強には基礎から応用が存在します。基礎を知らずに応用を使うと、とんだしっぺ返しがやってきます。

 

それは、願ったことと反対のことが実現してしまう、ということです。

 

小学生の自分が、いきなり大学生のテキストを渡されて「あなたの願いは本当は全て叶っているのです」と言われても、「叶ってないじゃん!叶っていないのは、自分が悪いせいなのか?!」と、自分を責めてしまうかもしれません。

 

自分を責めるということは、願いを叶えるための大きな障害でしかありません。基礎を知らずに、応用から始めるということは、このような回り道をしてしまいます。たくさん失敗した私だから、強くお伝えしたいことは、

 

基礎から学ぼう!

 

です。

 

基礎を知らずに、amazonにて耳障りの良い本ばかりを集めても、たまたま成功した人が書いた内容は、読んだ後に元気は出るけれど、数日で読んだことさえ忘れてしまっているのではないでしょうか。

 

数千円で買える無駄な数十冊より、数万円で買える貴重な一冊のほうが、情報量が圧倒的に異なります。

 

私が、この基礎を学べるこのテキストに出会ったのは一年前。そのころの自分は、まだ本気度が足りなくて、テキストの存在を知りつつ、スルーしてました。

 

そして、amazonにて気になる本を取り寄せまくったけれど、一年後、全く変わっていない自分に気づいて愕然とし、本気で泣きました。

 

「本気で変わりたい!」というスイッチが入って、購入を決意します。

 

読み進めるたびに、今までの本が、いかに断片的な情報だったかということに気づかされます。都合の良いことだけを考えているだけでは、幸せになれないこと、寄せ集めていた情報のパズルが、最後にピタ!っとくっついた達成感を感じらたのです。

 

なぜ成功する人が成功するのか、なぜ幸せな人が幸せなのか、本当にわかりやすい。

 

支払った対価はきちんと戻ってきています。いや、支払ったそれ以上を受け取っています。お金で買うことのできない、大好きな人との絆が手に入りました。おまけてきな幸せだと、自腹を切らずに、土地と家があっという間に手に入りました。

 

なぜ自分にだけ引き寄せの法則が効かないのか、なぜ本願だけが叶わないのか、を知りたい方は、このページを読むだけでも学びがあるので、ぜひこちらをクリックして読んでみて。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓