不足から生まれる願望とは、食欲や睡眠欲、性欲が代表的ですが、金銭的な欲もエネルギーを欲しているので、より良く生きるということに直結する願望が多いように思います。

 

不足から生まれる願望は瞬発力があり、強い執着心もあるので、叶うエネルギーも強いと思います。

 

私も20代の頃、なぜか好きな言葉が「成り上がり」でした。満たされていないものを
満たしたくて欲求を強く持っていました。

 

しかし、叶いはするけれど、起点が「不足」なので得ては失い、失っては得る、という
ジレンマに。

 

失敗から生まれる達成には、起死回生のドラマが生まれるので、達成感も強くなりますので、もしかしたら、それを経験したくて、わざと失敗している、わざと不足を感じているのかもしれません。

 

満足すると、願望実現のスピードは落ちるかもしれません、ですが、それが「デフォルト」なので減ったりも増えたりもしません。

 

感動は小さいかもしれませんが、深い安心感と絶対的な幸福感に包まれます。

 

自分はどれを選択しているのか、注意深くみてみると、実は引き寄せや願望実現のための潜在意識など必要ないんじゃないかと思えたりしてきます。