今日、自転車を走らせていたところ、

 

わたしは行きたいところに行ける」というシンプルな答えに、
私はなぜ今まで気が付かなかったのだろう?

 

と、ふと思いました。

 

 

こんなお話は、今までも、もちろん知っていたことです。

 

 

自転車をこぎながら、行きたいところに視線を集めていると、自然と体がそこに向かう。

曲がりたければ、その先に視線を持っていくと、自然と身体が動いて、上手にカーブを走ってくれる。

 

 

すごく当たり前なこと。

 

自転車では当たり前すぎることを、人生では当たり前ではない、と思い込んでいる自分に、はっとさせられました。

 

 

お金がない、にフォーカスすると、お金のないちょっと先の未来

お金がある、にフォーカスすると、お金があるちょっと先の未来

 

 

 

なんだ!

本当に、本当に、簡単なことだったんじゃん!

 

 

もちろん、そんな話は、このブログを始めたころから、ずっと知っていたし、様々な教材にも書かれていること。

 

なのに、今日にふーっと腑に落ちて行ったのは、なぜなんでしょうね。

 

 

なんだ、当たり前じゃんって思えるくらい、自分を肯定できているか

 

 

それは多分、最近の私の、自己受容から自己肯定が半端ないからだと思うんです。

 

 

過去の自己否定に包まれていた自分は、

 

「未来は思うように描けるよ、

だから、みたい未来に視線を送るだけでいいんだよ」と聞くと

 

イメージングに必死(笑)

どうやってイメージングすればよいのか、方法を探っては必死(爆)

 

 

今の自分が嫌だから、嫌な自分を蓋できるような、新しい自分を作り出そうと必死で、イメージングをしては、現実が変わらなくてイライラ。

 

だったらもういっそ、望まないほうが楽なんじゃないか。

悟り系の本を読み、仙人的発想になろうと頑張ってみる。

 

でもどこか、停滞感を感じて、もやもや。

 

やっぱり現状を変えたくて、なるメソッドをしながら、思い込もうとしたりもしてみたのだけれど、現状が変わらないことに自己嫌悪が始まって、リタイア。

 

もちろん、中には叶ったこともあるけれど、叶わないこともある。

 

 

その繰り返しを3年ぐらいしていたのかも。

 

 

昨年の初夏に、自分の力では立ち上がれないくらいの体調不良を体験して、食物だけでは得られない、生命力というなのエネルギーの存在を肌で感じ、

 

それを解消するために、勉強の日々。

 

人は痛い目をみると、真剣になりますよね、

本当に必要な経験、体験でした。

 

 

 

そこから、とある治療院に出会い、病気や体調不良は、決して悪いことではなく、身体が生命を維持しようとする最上級の頑張りなんだ、という話を聞き、

 

ずっと忌み嫌っていた「病気」についての視点が180度変わり、

さらに、ずっと忌み嫌っていた自分の「体形や顔つき」についても、目から鱗が落ちるほどの気付きをえました。

 

というのも、私は昔からずっと大柄として扱われ、小さい頃から胸板は厚めなので、体重も人より多いということが、特に小学生のころからのコンプレックスで、

 

多感期の高校生になると、食べない、という無理なダイエット方法のおかげで、見事ガリガリ体形になるも、社会人になってリバウンド。

 

 

そこから、増えては減って、増えては減って、でも徐々に増える容量が大きくなって、という感じでした。

 

私は太ることを「体形管理のできない自分」ということで、忌み嫌っていましたし、常に「こんな自分は自分ではない」と否定してきたんです。

 

 

が、

 

昨年の、治療院のお話では、私はもともと先天的に心臓が弱いタイプであって、心臓に熱がこもりやすく、それを放散させるために、身体の表面積を増やしてゆきたい身体の欲求であって、とても自然の成り行きなわけであって、逆に痩せようとすることで、命を縮めるよ!

 

というご指摘を。

 

 

一見、信じられないようなお話ではありますが、低血圧なのに脈拍の早い自分の体質にあわせて、もう10年くらい前に行ったDNAダイエットによって、私はバナナ型というDNAを持ち、注意する欄に「低血圧、心臓病」とありました。

 

 

先生、すげーΣ( ̄ロ ̄lll)ってなりますよね(笑)

私の体形だけで、弱い部分を見抜いてゆかれる。先生の教えにとても興味を持ったので、自費出版されている本を3冊ほど購入したんですね。

 

そこに書かれていることがまた衝撃的で

 

本来、動物は本能に任せているだけで、寿命を全うすることができるのだが、人間は「考える脳」を持ってしまったので、本能に逆らうという生き方も選択できるようになってしまった。

 

だから、歩くことが身体によい、となんとなくわかっていても、

「なぜ」あるくことが身体によいのかを、知識として納得しなければ

人間は行動しない。

 

と書かれていたのですが、

願望実現についても、まったくもってこの通りなんですね。

 

 

先の話に戻りますが、

未来をイメージングしているだけで、叶う

というシンプルなお話についても、

 

なんとなくわかる、

 

だけではダメで

 

ココロから、そうだよね!と納得して腑に落ちなければ、続かないし、実現しないんだと思います。

 

(実現しない自分を責めたりと、バッドループにもなるしね)

 

 

 

下の教材を私も勉強しましたが、購入した時も学びが大きかったし、順序良く勉強することの大切さを知った今に、再び読み返してみると、さらに腑に落ちます。

 

エネルギーが人間関係にどう影響を及ぼすのか

エネルギーの器が生命力、すなわちお金にも影響を及ぼすこと、

その大切なエネルギーの漏れを、どのように防ぐのか。

 

 

 

学んでも学んでも、現実が変化しないから、

学ぶことを放棄してしまいたくもなりますし、

 

セミナージプシーになってしまう自分を責めたり、恥ずかしく思う方も多いかとは思いますが、(このご時世的に、、、)

 

 

学ぶことに決して無駄なことはないでしょう。

 

様々な角度で学ぶことで、点から線になって繋がり、腑に落ちることを繰り返すことで、自己肯定が上手になってくるんじゃないかと、振り返って思っています。

 

 

とはいえ、私もまだまだこれから!

 

さらに自分を肯定していける強さを強化してゆこうと思います☆彡

 

 

 

 

ある初夏の昼下がりに☆彡