先日、久々にダーツに行きました。

 

小学生の甥っ子との対戦だったので、勝負度外視で、ただ投げることを楽しむ時間だったのです、本当に、心はフラットな状態。身体はリラックスしていて、力むことなく、さくさくっと投げていたら、あっという間に高得点。

 

第二回戦も、甥っ子にハンデをあげながらも、ぽぽぽんと投げていたら、そのダーツ場で一位になる始末。

 

ちょっと楽しくなってきて、欲が出始めた第三回戦は、ボロボロ( ;∀;)

 

 

ええ、波動の高いとは、本当に”凪”のようで、平穏、焦りもなく、甥っ子が勝てば良いんじゃない、どちらでもいいけど、くらいの無の極致。

 

欲が生まれて、一気に波動は低くなり、心は「高得点を出したい(出なかったらどうしよう)」という、願望と不安の板挟み状態で、乱高下。

 

 

確かに、今までの経験上、

●なぜかタイミングよく上手くいく時

●ふと思った人から電話がかかってくる時

●数字のぞろ目をよく見るとき

などは、

ダーツで高得点を出した、あの心の状態、に似ていました。

 

 

こんな短い時間で、波動の高さと低さを体感した、面白経験でした(*´艸`*)

 

 

 

ある先生が、

 

「もし本当にしっかり勉強・実践して意識レベルが上がったのであれば、ぜひこの世の仕事に生かしてほしいですね。それができなかったら、ただ〝霊的に向上しました〟なんていっても、何の意味もありません。日常の仕事を訓練、奉仕と思うことです。この世は実践の場なんですから」

 

という言葉を書かれていましたが、その通りだと思います。

 

スピリチュアルを学び始めた時期は、何か願いを叶えたかったり、苦しみから逃れたかったりでOKだと思うのです。

 

そこから、自分の意識で世界を想像していることを知り、自分のネガティブにも向き合い、意識を高めていくことで、日常がさらに色濃くなると思います。

 

スピリチュアルは決して、現実逃避の手段ではなく、よりよく生きていくための、学びであって、生きているこの時間と体験、感覚こそが何より大切なものだと思っています。

 

 

備忘録。

基礎から学ばないと、願ったことと反対のことを引き寄せてしまう?!

勉強には基礎から応用が存在します。基礎を知らずに応用を使うと、とんだしっぺ返しがやってきます。

 

それは、願ったことと反対のことが実現してしまう、ということです。

 

小学生の自分が、いきなり大学生のテキストを渡されて「あなたの願いは本当は全て叶っているのです」と言われても、「叶ってないじゃん!叶っていないのは、自分が悪いせいなのか?!」と、自分を責めてしまうかもしれません。

 

自分を責めるということは、願いを叶えるための大きな障害でしかありません。基礎を知らずに、応用から始めるということは、このような回り道をしてしまいます。たくさん失敗した私だから、強くお伝えしたいことは、

 

基礎から学ぼう!

 

です。

 

基礎を知らずに、amazonにて耳障りの良い本ばかりを集めても、たまたま成功した人が書いた内容は、読んだ後に元気は出るけれど、数日で読んだことさえ忘れてしまっているのではないでしょうか。

 

数千円で買える無駄な数十冊より、数万円で買える貴重な一冊のほうが、情報量が圧倒的に異なります。

 

私が、この基礎を学べるこのテキストに出会ったのは一年前。そのころの自分は、まだ本気度が足りなくて、テキストの存在を知りつつ、スルーしてました。

 

そして、amazonにて気になる本を取り寄せまくったけれど、一年後、全く変わっていない自分に気づいて愕然とし、本気で泣きました。

 

「本気で変わりたい!」というスイッチが入って、購入を決意します。

 

読み進めるたびに、今までの本が、いかに断片的な情報だったかということに気づかされます。都合の良いことだけを考えているだけでは、幸せになれないこと、寄せ集めていた情報のパズルが、最後にピタ!っとくっついた達成感を感じらたのです。

 

なぜ成功する人が成功するのか、なぜ幸せな人が幸せなのか、本当にわかりやすい。

 

支払った対価はきちんと戻ってきています。いや、支払ったそれ以上を受け取っています。お金で買うことのできない、大好きな人との絆が手に入りました。おまけてきな幸せだと、自腹を切らずに、土地と家があっという間に手に入りました。

 

なぜ自分にだけ引き寄せの法則が効かないのか、なぜ本願だけが叶わないのか、を知りたい方は、このページを読むだけでも学びがあるので、ぜひこちらをクリックして読んでみて。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓