こんな独り言に近いブログを読んでくださっている方は、そろそろお気づきかもしれませんが、

 

結局、生きるっていうこと自体、エネルギーを消費すること。

 

健康も、お金も、人間関係も、全てはエネルギーの法則にのっとっている、ということを、強く実感した私は、その根本的なエネルギーを強く欲していました。

 

すると、口コミでしか活動されていない、気功師さんにお会いすることが叶い、しかも、セミナー形式ではなく、個人セッションとして受けさせていただくことができました。

 

今思うと本当に奇跡!

 

エネルギー論をお話しだすと、このブログの前半の記事を読み返すと、本当に恥ずかしい。

 

願って、イメージして、忘れる、とか、そういうったプロセスも不要だし、そういう方法だと、叶ったときもあれば、叶わなかったときもあって、感情は右往左往です。

 

エネルギーを意識した願望実現方法は、本当にシンプルで、

正しくエネルギーが使えていたら、不満に思うこともないし、満足しているはず。そもそもそこに願望は発生しない。

 

願望が生まれ、不満があるのであれば、そこにエネルギーのつっかえみたいなものがあって、そのつっかえは、現世で作ったものかもしれないし、過去世で作ったかもしれないけれど、エネルギーをきちんと流してあげれば、自然とうまくいう、という原理。

 

そのエネルギーはどこからくるかというと、いわゆるワンネスとか、全、とか、言葉で表現すると陳腐になりそうで抵抗のある、すごいエネルギー(この表現が一番陳腐(笑)です。生命の大元みたいなものかなぁ。

 

そのエネルギーが遮断されているなかで、生きづらくなっている私たちは、様々な葛藤を持ちながら生きていて、ストレスは限界にきているのかもしれないというお話にも、激しくうなずく。

 

ちょっとうまくいったからって、この先ずっとなんてわからないから、素直に喜べていなかったり、悲しみにも素直になれない人多いもんな。

 

 

伝授を受けたてなので、少しエネルギー酔いしたりで、眠い日が続きそうですが、それも大切なプロセスとして受け取ろうと思います。

基礎から学ばないと、願ったことと反対のことを引き寄せてしまう?!

勉強には基礎から応用が存在します。基礎を知らずに応用を使うと、とんだしっぺ返しがやってきます。

 

それは、願ったことと反対のことが実現してしまう、ということです。

 

小学生の自分が、いきなり大学生のテキストを渡されて「あなたの願いは本当は全て叶っているのです」と言われても、「叶ってないじゃん!叶っていないのは、自分が悪いせいなのか?!」と、自分を責めてしまうかもしれません。

 

自分を責めるということは、願いを叶えるための大きな障害でしかありません。基礎を知らずに、応用から始めるということは、このような回り道をしてしまいます。失敗もしてしまいます。たくさん失敗した私だから、強くお伝えしたいのは、

 

基礎から学ぼう!

 

です。基礎を知らずに、amazonにて耳障りの良い本ばかりを集めても、たまたま成功した人が書いた内容は、読んだ後に元気は出るけれど、数日で読んだことさえ忘れてしまっているのではないでしょうか。

 

数千円で買える無駄な数十冊より、数万円で買える貴重な一冊のほうが、情報量が圧倒的に異なります。

 

算命学の初歩という2,000円くらいの本は、図書館で借りることができました。しかし、プロが使う専門書は、2万円で販売されています。算命学を本気で学びたいと思ったら、2万円の本を選択するでしょう。

 

お金をどこにかけるか、は、自分自身の本気度をはかることができます。

 

基礎を学べるこのテキストに出会ったのは一年前。本気度が足りなくて、存在を知りつつ、スルーした。そして、amazonにて本を取り寄せまくったけれど、一年後、全く変わっていない自分に気づいて泣いた。「本気で変わりたい!」というスイッチが入って、購入を決意。

 

読み進めるたびに、今までの本が、いかに断片的な情報だったかということに気づかされます。良いことだけを考えているだけでは、幸せになれないこと、寄せ集めていた情報のパズルが、最後にピタ!っとくっついた達成感を感じらたのです。

 

なぜ成功する人が成功するのか、なぜ幸せな人が幸せなのか、本当にわかりやすい。

 

支払った対価はきちんと戻ってきています。いや、支払ったそれ以上を受け取っています。お金で買うことのできない、大好きな人との絆が手に入りました。おまけてきな幸せだと、自腹を切らずに、土地と家があっという間に手に入りました。

 

なぜ自分にだけ引き寄せの法則が効かないのか、を知りたい方は、このページを読むだけでも学びがあるので、ぜひこちらをクリックして読んでみて。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓