「気」が、存在するのか、しないのか、なんて話は、初心者向けすぎるので、いったんスルーしたいのですが、念のため。

 

「気」は、存在します。

 

「気」は、様々な形で存在するので、頭が混乱しがちですが、主に2種類存在すると考えています。一つは、生命力としての気、もう一つは精神力としての気です。

 

精神力としての気が強い人は、願い事が叶いやすいと言われています。

 

目に見えないものなので、オカルト臭がするかもしれませんが、調べてみると東洋医学でも医学的に解説されているものですし、この気力を使って、より願望実現をスムーズにしてゆければと、目論見ながらお勉強を続けています。

 

私が補気に目覚めたきっかけ

 

私は、33歳のころに、人生で初めて手術を受けました(子宮筋腫という病気です。体験記は別サイトを設けています)。男性にはわかりづらいかもしれませんが、良性の腫瘍なので、症状がなければ放置できるものですが、この時、ありえないくらいの貧血数値をたたき出し、普通の生活さえも億劫に思えるほど、倦怠感に悩まされました。

 

病気をきっかけに、本格的に体質改善をしたいと思い、対処療法である西洋医学ではなく、生活習慣全般を見直すために、東洋医学を本格的に勉強しました。

 

東洋医学では、健康な体は「気・血・水」のバランスが整っていることが大前提なのですが、これら全ては関係していて、特に「気」が足りていないと、「血」を全身にめぐらすこともできず、「水」さえも滞留して、全体が不健康になってしまうということ。

 

気が足りないと、生命力の低下を感じます。何をするにも億劫なので、考えることさえも面倒だと思うので、対処もしようとしないから、どんどん気が落ちていくことがわかりますし、血もつくられなければ、水も回らない、まさに、バッドループです。

 

こんな状態では、願いを叶える!なんてスタートラインにも立てません。

 

ですので、まずやる気を取り戻すために、気を漢方にて摂取することにしました。漢方薬局に行って、舌診を受け、一番最初に勧められたのは「補中益気湯」という、基本的な漢方でした。これを毎日服用することと、補気できる食材を積極的に取り入れること、黒い食材を積極的に取り入れることで、血を増やすこと、でした。

 

そのころ、補気と呼ばれるものは、なんでも試しましたし、そもそも「気」ってなんだ?!ということを、真剣に勉強しました。

 

そして一つわかったことがあります。

 

東洋医学でいうところの「気」と、精神世界でいわれる「気」とは、ちょっと性質が違うんではないのかな?ということです。

 

東洋医学でいう「気」は、健康を含め、身体のパワー、生命力全般を指し示しているようで、精神世界でいわれる「気」は、思念を含め、エネルギー体としてのパワーを指し示しているようです。

 

 

なぜそれを思ったのか、ということですが、たまたま教えてもらった生年月日による占いが、怖いほど当たったこと。この占いでは、身体としての「エネルギー」と、精神世界としての「エネルギー」の2種類を明確に分けて解説されているのが、自分にはとてもしっくりきたので、何かと参考にさせてもらっています。

 

その占いとは、算命学です。

 

まだ素人的にしか活用していませんが、身体としての「エネルギー」数値を、生命月日を入力するだけで知ることができます。まずは、ここで調べてみてください。

http://www.fan.hi-ho.ne.jp/abeshi/banshou/index.html

 

これは、生まれながらもっている体力的な視点での気エネルギーを知ることができます。低いから悪い、高いから良い、というわけではないのですが、私が友人や仕事先の方といろんな方を調べてみると、私と同じような自営業をしている人は、のきなみ数値が低く(笑)、平均的な人は会社に勤めている人が多かったです。そして数値が高い人は、驚くほどの「せっかちさん」だったので、みんなで調べながら「まぁまぁ信用できちゃうよね~」と笑ってしまいました。

 

自分の身体の基本エネルギーを知ることは、自分に適したスケジュールを立てることができます。私の場合は、低いことから、人混みなどは避け、さほど興味のない人の集まりには、無理をして参加しない、とか、集中力が途切れがちなので、小休止しながら作業をする、とか。

 

 

 

続いて、算命学は、この「エネルギー数値」だけではなく、命式を出して、精神世界視点でのエネルギー数値を知ることができます。

http://www.sanmei-gaku.com/sanmei/jintaiseizu.html

 

持っている星の強さによって、精神エネルギーを知ることができます。

 

ちなみに、エネルギー体としてのパワーが高いということは、想念が強いともいえ、いわゆる「思考が現実になりやすい人」なんではないかと理解しています。ただ、良いことだけばかりだと嬉しいのですが、悪いことも実現しやすいので、常に心を清くしておくことが、この星を持っている人の使命なんではないかと思います。

 

人生の浮き沈みが激しいという波乱万丈な人生を歩む人も多いようですが、精神安定を心がけることが大切なんだと思います。

 

エンターテイメントとして、ぜひ楽しんでみてください☆彡

基礎から学ばないと、願ったことと反対のことを引き寄せてしまう?!

勉強には基礎から応用が存在します。基礎を知らずに応用を使うと、とんだしっぺ返しがやってきます。

 

それは、願ったことと反対のことが実現してしまう、ということです。

 

小学生の自分が、いきなり大学生のテキストを渡されて「あなたの願いは本当は全て叶っているのです」と言われても、「叶ってないじゃん!叶っていないのは、自分が悪いせいなのか?!」と、自分を責めてしまうかもしれません。

 

自分を責めるということは、願いを叶えるための大きな障害でしかありません。基礎を知らずに、応用から始めるということは、このような回り道をしてしまいます。たくさん失敗した私だから、強くお伝えしたいことは、

 

基礎から学ぼう!

 

です。

 

基礎を知らずに、amazonにて耳障りの良い本ばかりを集めても、たまたま成功した人が書いた内容は、読んだ後に元気は出るけれど、数日で読んだことさえ忘れてしまっているのではないでしょうか。

 

数千円で買える無駄な数十冊より、数万円で買える貴重な一冊のほうが、情報量が圧倒的に異なります。

 

私が、この基礎を学べるこのテキストに出会ったのは一年前。そのころの自分は、まだ本気度が足りなくて、テキストの存在を知りつつ、スルーしてました。

 

そして、amazonにて気になる本を取り寄せまくったけれど、一年後、全く変わっていない自分に気づいて愕然とし、本気で泣きました。

 

「本気で変わりたい!」というスイッチが入って、購入を決意します。

 

読み進めるたびに、今までの本が、いかに断片的な情報だったかということに気づかされます。都合の良いことだけを考えているだけでは、幸せになれないこと、寄せ集めていた情報のパズルが、最後にピタ!っとくっついた達成感を感じらたのです。

 

なぜ成功する人が成功するのか、なぜ幸せな人が幸せなのか、本当にわかりやすい。

 

支払った対価はきちんと戻ってきています。いや、支払ったそれ以上を受け取っています。お金で買うことのできない、大好きな人との絆が手に入りました。おまけてきな幸せだと、自腹を切らずに、土地と家があっという間に手に入りました。

 

なぜ自分にだけ引き寄せの法則が効かないのか、なぜ本願だけが叶わないのか、を知りたい方は、このページを読むだけでも学びがあるので、ぜひこちらをクリックして読んでみて。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓