最近、どの自己啓発、どのメソッド、どの成功体験を読んでも、その全てが【セルフイメージ】に行き当たるなーって感じています。

 

例えば、自愛メソッド。

 

自分には、それを受け取るだけの価値がある、というセルフイメージを目標にして、日々、鏡の前にいる自分に向かって、「大好きだよ」とか「ありがとう」とか話しかけてあげるんですね。

 

私も一度やってみたことがあるんですが、お風呂の中で、自分が子供の頃に呼ばれていたあだ名を使い「みーちゃん、私はみーちゃんのことが大好きよ、生まれてきてくれてありがとう」と、まるで自分の子供をあやすかのように話しかけると、涙がぼろぼろこぼれてきました。

 

両親が厳しい人で、小さい頃から、両親の機嫌をいつも気にしながら育ってきて、でもこれは小さい頃では当たり前なんだけれど、普通は思春期を経るときに、親の言うことを聞かなくても大丈夫なんだということを学び、はじめて親離れをするんですよね。

 

だから、この頃の反抗というのは、その後の大人への階段だから、抑えてしまったり、無視したりしたら駄目なんですよね。

 

でも私は、親が厳しかったので、姉に対して反抗期を爆発させてしまったので、本当の反抗期を経ずにここまで来てしまったのかもしれないんです。

 

30歳を超えても、誰かが、人生を変えてくれると相手に期待をしてしまっていると気づいたときに、親を責めるというよりも、私が大人になって、自分の内側にある幼い自分を
めいっぱい愛してあげようと思ったんですね。

 

 

と、
話はそれちゃいましたが、
お風呂の中で自分を抱きしめるという
少し恥ずかしい行為ですが、
効果は絶大でした。

 

そこから、人の善意とか、
良いことを受け取る範囲が増えたようで、
願望を受け取る器が少しずつ増えていったと思います。

 

つまり、
幸せを受け取る許可を与えているのも
全部自分自身であって、
自分のセルフイメージが、
それを受け取れる自分である

 

ということになれば、
自然と願いが叶うということかもと。

 

 

著書「今すぐ人生を変える簡単な六つの方法」より

 

今日のブログのタイトルにもあります
「パーミッションゲージ」とは、
願い事に対して、
自分はどれほど受け取れると思っているかを
視覚的に知る方法です。

 

紙に線を書いて、左を0、右に100と書き、
その真ん中を50とします。
そして赤いペンを0の地点に置いて、
私は(願い事)を受け取ります。と唱えながら、
線をなぞってゆきます。
違和感を感じるところでSTOP。
その数値が、
今、自分で受け取ることを許している数値です。

これは、定期的にしてみましょう。

 

自愛が進んでいくと、
本当に不思議なほど、右への移動幅が増えます。

 

この作業を重ねることによっても、
視覚的に確認できるので、
徐々に受け取れる範囲が広がっていくので、
一つのメソッドなのかもしれませんね。

 

大切なことは、
嘘をつかないこと。

 

早く叶えたいからといって、
数値をがん!といきなり高くしたって、
おまじないとかではないので、
効果はありません。

 

自分の感覚をとぎしまして、
徐々に高まっていくことが、
逆にストレスが減って、
かないやすいとも言われています。

 

自分は、どの程度受け取ることを許可しているのかという
セルフイメージを知ることができる画期的な方法だと思います、
紙とペンだけでできるので、早速試してみてくださいね(o^-^o)

 

 

追記のひとり言

私は願望実現のためのイメージングが
ずっと苦手でした。

想像しても、
「まさかねー」と思って、
上手にイメージングできないんです。
それよりか、
とても居心地が悪くなって、
お尻がかゆくなってしまうような感じです。

 

今思うと、
受け取るだけの許可を
自分自身に出せていなかったんだと思います。
自己卑下のような、
とにかく自分の存在価値は低かったんです。

 

でも、結局は叶うんです。
ネガティブに思っていたり、
上手にイメージングできなくても、
ふと「こんな感じっていいなー、うふふ。
でも、私には無理かー」なんて
思っていても、数年後、忘れた頃にふと叶っていたりするのをみると、
忘れたということもポイントかもしれませんが、
忘れることで、不可能という抵抗さえも忘れてしまって、
あっという間に叶っているんです。

 

ということで、
私の持論なのですが、
そもそも願望を抱くということは、
未来の断片をみているようなものなんだと思います。

 

だから、今は受け取る器がないから
「まさかねー」といって
軽く流していても、
あなたの人生に必要なのであれば、
叶うものなんだと思います。

 

受け取る時期を少しでも早めたいと思ったら、
受け取る許可をもてるように、
自愛や、瞑想、イメージングなど
様々なメソッドを試してみたらOKなんだと思います。

 

イメージングするときに、
ずっと抵抗があったのは、
イメージングから覚めた時に、
現実が変わっていないことに
いちいち落ち込んでいたのですが、
現実は後からついてくるもの、と知ってからは、
イメージングが楽しみになっています。

 

そして、ほぼほぼ、
叶ってくるようになりましたヨ(o^-^o)
こうなると不思議なもので、
「願望」をいつしか「計画」と呼ぶようになりました。
だって、叶うことはもうすでに決まっているですからね。

基礎から学ばないと、願ったことと反対のことを引き寄せてしまう?!

勉強には基礎から応用が存在します。基礎を知らずに応用を使うと、とんだしっぺ返しがやってきます。

 

それは、願ったことと反対のことが実現してしまう、ということです。

 

小学生の自分が、いきなり大学生のテキストを渡されて「あなたの願いは本当は全て叶っているのです」と言われても、「叶ってないじゃん!叶っていないのは、自分が悪いせいなのか?!」と、自分を責めてしまうかもしれません。

 

自分を責めるということは、願いを叶えるための大きな障害でしかありません。基礎を知らずに、応用から始めるということは、このような回り道をしてしまいます。たくさん失敗した私だから、強くお伝えしたいことは、

 

基礎から学ぼう!

 

です。

 

基礎を知らずに、amazonにて耳障りの良い本ばかりを集めても、たまたま成功した人が書いた内容は、読んだ後に元気は出るけれど、数日で読んだことさえ忘れてしまっているのではないでしょうか。

 

数千円で買える無駄な数十冊より、数万円で買える貴重な一冊のほうが、情報量が圧倒的に異なります。

 

私が、この基礎を学べるこのテキストに出会ったのは一年前。そのころの自分は、まだ本気度が足りなくて、テキストの存在を知りつつ、スルーしてました。

 

そして、amazonにて気になる本を取り寄せまくったけれど、一年後、全く変わっていない自分に気づいて愕然とし、本気で泣きました。

 

「本気で変わりたい!」というスイッチが入って、購入を決意します。

 

読み進めるたびに、今までの本が、いかに断片的な情報だったかということに気づかされます。都合の良いことだけを考えているだけでは、幸せになれないこと、寄せ集めていた情報のパズルが、最後にピタ!っとくっついた達成感を感じらたのです。

 

なぜ成功する人が成功するのか、なぜ幸せな人が幸せなのか、本当にわかりやすい。

 

支払った対価はきちんと戻ってきています。いや、支払ったそれ以上を受け取っています。お金で買うことのできない、大好きな人との絆が手に入りました。おまけてきな幸せだと、自腹を切らずに、土地と家があっという間に手に入りました。

 

なぜ自分にだけ引き寄せの法則が効かないのか、なぜ本願だけが叶わないのか、を知りたい方は、このページを読むだけでも学びがあるので、ぜひこちらをクリックして読んでみて。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓