波動を高めると、願いが叶いやすくなります。

 

波動については、

低い場合は固い氷のようで

中くらいの時には水のように流動性があり

高くなると、霧となり、さらに自由に形を変えることができます。

 

それは物質の基本でもあるので、

高い波動で願いを伝えると、

自由度の高い霧が、水に変わり、低い次元では氷(かたち)となって手にすることができるということ、らしいです。

 

よって、波動の高さは、昨今様々なところで謳われているのですが、私は少し違った視点で、波動を高くできないかなーと思ったのが、

 

これ☆彡

 

ギベオンという隕石が、なんと、ネットで購入することができます((笑)

 

 

パワーストーンより、なぜ隕石のほうがおすすめかというと、ずばり波動が高いところからやってきたから。です。

 

ギベオンは、鉄隕石と言われており、約4億5千万年前に地球に落下したと考えられています。

 

この隕石の特徴は、ウィドマンシュテッテン構造という細かい網目状の模様があり、それが不思議なことに、隕石の内部にまできれいに入っているということ。つまり、どこを割っても、その模様を見ることができます。

 

 

さて、ここからは仮説ではありますが、このyoutubeの動画をご覧になってみてください。

 

波動(周波数)をあげていくことで、物質にが均等に集まり、独特な模様を生み出します。

 

これはすごく大切な発見で、カメの甲羅の模様は高い周波数によって生み出されたものだともいわれています。

 

地球上に存在していなかった物質(隕石)の中が、高い波動によって独特の模様が生まれたことは、簡単に想像することができるのではないでしょうか。

 

 

つまり☆彡

 

この隕石の波動は、とても高いので、身に着けてお守りにするには、とってもおススメじゃないのかな-ということ☆彡

 

そして、私は早速購入してみました。

 

 

本当に些細なことであれば、タイミングが完璧なことが増えました。

 

突然のキャンセルになったタイミングで来客があったり、ぞろ目をたくさんみることができたり、

 

これはまだ進行形なのですが、親戚が持っていた土地が、なぜか相続というかたちで私たちの手に入ったのですが、裏が崖ということもあって、負の遺産、と思いつつ、売りに出していた物件が、

 

いきなり、5件ほど問い合わせがあり、その一人が、現在購入を検討されているということ!

 

数百万円という破格の値段であることもあるかもしれませんが、持っていてもずっとマイナス(固定資産税で、、、)だったので、いくらかでもお金になると嬉しいですし、なにより、そのお話が10年ほど停滞していたのに、急にお話が進み始めているのにびっくり。

 

 

さて、隕石のおかげかどうかは、不明ですが(笑)毎晩、ありがとうと言いながら撫でまわしているのは、旦那様も知らない秘密のお話(笑)

 

宝くじに当たっても不幸になるという原因を知れば、お金は自由自在に

宝くじで6億円当てた方が書いた本の中で、同じ時期に高額当選した5人中4人の存在が確認できず、風の噂では、自己破産をして雲隠れしているらしい、とのこと。突然の大金に我々凡人はなかなか上手に対応できないものです。

 

なぜなのか

 

それは、お金に対してネガティブな価値観を持っているからです。

これを知らずに大金を稼いでも、宝の持ち腐れどころか、逆に大きな不幸を連れて倍返しになって戻ってきます。

 

こんな話を聞くと、怖いですよね

 

でも、ちゃんとお金のことを理解し、苦手な意識を消化してから、お金を受け取る器を育てることで「どうやって稼ごう」なんてことを考えることなく、ふっとお金はわいてくるものです。

 

わたし自身も、小さな金額ではありますが、お金のブロックを解除するたびに臨時収入から、ちょっと驚く方法で大金を得ることがありました。

 

20代の自分だったら、この金額を受け取っても、すぐになくなってしまったかもしれませんが、数年前からしっかりとお勉強をしていたので、不安なく活用することができています。

 

わたしのおすすめの教材は2つ

お金のメンタルブロックの外し方講座」で、お金に対しての抵抗を取り除き、
続いて「お金の器」のひろげ方講座」で受け取る金額を増やす

学ぶ順番をできれば間違えないようお気を付けください。