突然ですが、友人が、妊娠を機に、退職を促されました。
彼女の希望は、金銭的な余裕も欲しくて、出産前まで仕事を続けたいと伝えたのですが、辞めることは常識でしょう?!という上司の圧がかかった物言いで、辞めざるを得なくなってしまったそうです。

 

私は彼女の話を聞いて、思い出しました。

 

理不尽が嫌い

 

私も、前の仕事場で、理不尽な作業を強制されることがありました。それは、安いお酒を、高級な酒瓶に詰め替えろというものでした。わたしは、嗚咽しながら、その作業をしました。

 

しなければ、上司に歯向かったということで職場環境が悪くなり、居づらくなるし、仕事をくびになるかもしれない、自分の生活がままなくなることが怖かったのです。

 

しかし、社会人として、いえ、人として、不正は行いたくなかったのです。
私は無意識に、自立を求めました。誰に指図されることなく、自分が思う正義でお客さんに向き合いたい、そこから、自営業になるという夢が生まれたのだと思います。

 

 

その頃は潜在意識の知識など、オカルトや、呪文の類にしか思ってなかったので、がむしゃらに働き、失敗を重ね、今、自営業をしています。

 

 

彼女の話を聞いて、ふと過去を振り返り、
「あぁ、わたしの原動力って、ここにあったのかもなぁ」と改めて気づくことができました。

 

私の願望実現にむけてマグマのようなエネルギーは、「自由を求めるココロ」みたいですね。よく自己啓発本では「本願は叶う」「本当の願いは叶う」という表現がありますが、自分の願いをあっという間に叶えてくれる強力なエネルギーは、これだったようです。
これがわかると、他の願望実現も加速しました。

 

まず、願い方が変わります。
「結婚したい」と思っていました。
でも、私の頭には、「結婚=不自由」というイメージがあって、
結婚が近づいた瞬間に、猛烈な不安を抱き、
「彼から別れ」を言わせ、失恋しました。

 

 

そこから、潜在意識や、自分の可能性について学び、経験し、改めて、「自由な結婚」をイメージしました。

 

 

すると、仕事をどんどんうまくいって、今は、人を雇っているので、私がいなくても、ひとまず収入が入ってきます。

 

 

経済的に不自由であるということが私にとって大きな壁だったので、そこが外れたことが自信になったみたいです。

 

 

そこからは、復縁、結婚までとんとん拍子でした。

 

 

私は、不自由であるという観念を覆したかったのかもしれません。

 

 

叶っていないのであれば、それを受け取り拒否している観念が、必ず存在します。なければ、叶っているはずだからです。その観念が見つかれば、それを消化するだけで、願いは叶うんですね。
身をもって体験しました★

 

 

本流となる強い思考を知る方法

 

このブログで、
何度も書いているかもしれません、

 

現在今の姿

 

こそ、あなたの潜在意識です。
というわけで、
現在のあなたが叶えていることを
ひたすら書き出していけば、
みつけることができます。

 

あなたの願いは、なんなのか、その願いは、どのようなことが達成するのか、自分のどの感情が満たされるのか、ありとあらゆる角度で分析していってください。

 

それらの根底にある願いこそ、本願です。

それを満たそうとするときにこそ、願望達成のマグマ級エネルギーが注ぎ込まれるので、達成もしやすいかと思います。

 

ぜひお試しください。