ここ1年は、ずっとエネルギーを増やすことに着目してきました。このブログにも書いているのですが、気功や宇宙エネルギーと繋げてくれる人に会いに行ったり、遠隔で伝授してもらったりと。

 

はじめは、病気の治療に使っている薬の影響だったりで、体力が大幅に落ちて、自分だけれど自分ではないような、枯渇感に襲われたことがきっかけだったのですが、

 

エネルギーを意識すると、自然にうまくいくことが多くなってきて、運が良い、だけでは説明できなくなるくらい、スムーズに動くことが増えてきたのです。

 

行きたいと思うところには、行く

 

会いたいと思う人には、会える

 

初めての土地での移動が驚くほどスムーズ

 

初めて会った人に、なぜか車を貸して貰えたり、

 

欲しいなと思ったものは、5年ほど連絡がなかった友人からもたらされたりと、

 

周りも驚くほどのスムーズ感に、最近は、ずっと感謝しっぱなしなのですが、

 

単純に、そういう時は、体力もあって、エネルギーが満たされていると感じられます。

 

 

しかし、つい先日までですが、大阪での地震や大雨など、からの記録的猛暑で、身体の調子が悪くなってきたら、とたんにタイミングがずれてきたような出来事に遭遇します。

 

エネルギーの量と引き寄せの法則って、どうリンクしているのでしょう?

 

そんな疑問を持っていたら、こんな情報が舞い降りてきました。

 

 

エネルギーの量と感情の法則

 

 

私がいつもご紹介させていただいてます、まついゆうへいさんという方の電子書籍ステータス養成プログラムにも書かれているのですが、エネルギーを意識して生きると、改善方法がわかって、エネルギーを増やすということで対応することが可能です。

 

 

「うまくいかない」ということは、宇宙のルールからそれているサインですので、正しいエネルギー量まで増やしていくことを、この本でも推奨されているのですが、購入者に届いたメールマガジンにてこのような面白いお話が書かれていたので、シェアさせていただこうと思います。

 

 

エネルギー量 ー 感情

 

100% ー 感謝、至福、喜び
80% ー 楽観、希望、満足
70% ー 退屈、悲観、不満
60% ー 落胆、疑念、心配
50% ー 怒り、復讐、嫉妬
40% ー 罪悪感、危機感
30% ー 絶望、悲嘆、恐怖
20% ー 無気力

 

これは、単純に、エネルギー量と感情との目安となります。

 

この表は、自分がいまどのような位置に存在するか、どのようなエネルギー状態かを知ることに適しています。

 

以前、ある施術者さんにほどこしていただいたとき、次の日から周りも驚くほど体力が回復し、いつも3時くらいには一度仮眠を取らないと夜ご飯が作れないくらいだったのですが、元気が回復してからは、夜ご飯を作っても、まだ元気!それより、晩御飯が豪華になったので(手間暇かける余裕ができたから)家族はその変化にいち早く反応したという体験をしたのですが、

 

その時は、自分でも不思議なくらい、愛の感情に満たされていたことを覚えています。

 

相手をそのまま受け入れることができて、自分のことも、そのまま愛しいと思える最高の状態でした。

 

しかし、様々な環境の刺激によって、その状態が保てないことが、不思議に思っていたのですが、エネルギーの上限による気持ちの変化でもあったんですね。

 

 

確かにエネルギーが落ちているなぁと思ったときに、ふと友人のSNSを見ては、なんでもないことを邪推して、嫉妬。

 

まだない未来へについても心配が重なったりと、気持ちの変化にとまどう日々でしたが、単純に、あの「愛ある」状態になれば、友人のSNSも素直に「いいね」と言える。

 

まるで自分の中に、二つの人格が生まれているようでしたが、単純にエネルギーの量にこれほど反応しているということを知れば、もう大丈夫です。

 

 

エネルギーが落ちたと感じたら、積極的に身体を休めること

自分よりまずは家族、と思いがちなのですが、自分が笑顔でいることのほうが、家が安定することも感じたので、自分優先でOKなのかな、と体感してきています。

 

 

少し一人旅する時間をいただいて、週末に完全リフレッシュしてきました。夕飯も用意されているお宿で、贅沢な時間を過ごしたら、エネルギー満タンのようです☆彡

 

 

チクチクとした感情が生まれたら、自分をジャッジすることではなく、エネルギーの補給に意識をむけたら完璧ですね☆彡