今日のお仕事先で、穏やかな男性が同席されており、その方はなんと本職はお寺の住職さんだとか!その方との会話がとても深かったので、シェアさせていただきます。

 

この住職さんは小さいころから不思議な力を持っていて、相談者の話を聞いているうちに、その人から、ふわーっとイメージで浮かんでくるんだそうです。

 

例えば、子供を望んでいるけれど、病気で授かれるかどうかわからない、どのように治療してゆけばよいかもわからない、と訴える相談者の姿と、もう一つは、赤ちゃんと幸せそうにしている相談者の姿が視えてときがあるんだそうです。

 

しかし、その住職さんは、視えたそれ、が、幸せなことでも、不幸なことでも、伝えないように心掛けているそうです。

 

時間というものは時系列でつながっているわけではなく、その出来事が、過去なのか未来なのかはわからないのも理由の一つだそうですが、下手に思考を固めることはするべきではないというのが信念なんだそうです。

 

結果より、そのプロセスに生きる意味があり、学びがある。

 

本当に未来を知ることは大切でしょうか?

 

私たちは生き続けることができません、何年先か、年十年先かはわかりませんが、死なない人間など誰一人いません。

 

そう考えたら、私たちは、現在も死亡率100%です。これは全ての人の確定した未来です。

 

しかし、死ぬ運命だからと、生きることを諦めている人はいるでしょうか。

 

結果がわかっていても、そのプロセスを楽しむ、それが生きる目的であり、人生なんです。

 

 

そんなありがたいお話の後で、住職がぐっと私の目を見て

 

あなたは幸せを選択する視点を持っているので、この世を極楽として生きる力は十分にお持ちです。しかし、人というのは、生きているだけで、ネガティブなエネルギーに吸い寄せられてしまうので、常にプラスのエネルギーを意識して生きてください

とおっしゃっていただきましたので、私はこんなタイミング、逃すものか!と、すかさず聞き返しました。

 

 

「それは、私のベースがネガティブな人間だから、意識してポジティブな思考にしなさいという意味ですか?」

 

「いいえ、あなただけでなく、生きている人間すべてに言えることです。エネルギーの視点から言うと、陽のエネルギーより、負のエネルギーのほうが重いんですよ、だから意識的に陽のエネルギーを選択する視点を持たなければ、すぐに負に引き寄せられてしまうんです。ポジティブなエネルギーは軽く、ネガティブなエネルギーは重いのです。どうしても重いほうがエネルギーが強いので、そちらに引き寄せられてしまうのです。」と。

 

このエネルギーのお話が面白かったので、いろいろ質問をしていると、とてもわかりよいたとえ話をしてくれました。

 

 

先を読む能力は全ての人が持っている

 

時間というのは、過去から未来に続いていると勘違いしていますが、本当は未来から過去に流れているといったら、驚くでしょうか。

 

九死に一生スペシャルというテレビ番組などで、自分が乗るはずだった飛行機に、気分が悪くなって、人生で初めて飛行機をキャンセルした方が、その飛行機が事故にあって、九死に一生を得たという話について、

 

先もお話ししたように、ネガティブなエネルギーは、ポジティブなエネルギーより、重くて強いので、悪い出来事が起こるかもしれないという予知は、エネルギーに敏感な人なら、感じ取ることができるというのは、よくある話なんだそう。

 

もっとエネルギーに敏感になっていけば、ポジティブな軽いエネルギーさえも読み取れることができるので、自分の感覚を信じるという習慣をつけることは、とても良いことです。

 

よく、願望実現なども、願えば叶うと言われていますが、願うエネルギーの中に、ポジティブなエネルギーとネガティブなエネルギーが存在しているなら、重いほうが勝ちますから、ネガティブな結果をもたらしてしまうのです。

 

願えば叶うというのは、子供のころなら可能です。不可能という学習をしていない状態のほうが叶いやすいのです。

 

大人になったら、不可能だったという経験値が、ネガティブなエネルギーを生み出すので、そんなことなら、お願いをしてからすぐに願うことを忘れたほうがいいのです。

 

そんな感じでおっしゃられていたかなー・・・また思い出したら追記しますね。

 

 

(2016.09.03 追記)そういえば、ポジティブな人は未来を、ネガティブな人は過去に意識が飛びやすいという話をしてくれました。これは、どちらが良いというわけでもなく、両方とも、今ここには意識はないので、魂が抜けたような状態ともいえるからです。時間は今ここにしかないということ、過去のデータも未来に通用しないということ、これらを知ることで、自然と「今ココ」に集中することができれば、能力も発揮しやすいというお話もありました。

 

このお話にも深く納得です。私はどちらかというと、未来しか興味がなく、相方は過去の栄光を大切にしているタイプで、時々衝突してしまいますが、このお話を聞いて、ベクトルが反対だけれど、両者とも「今ココ」に存在していなかった、どっちもどっちだったのだと、反省しました(〃∇〃) 。

基礎から学ばないと、願ったことと反対のことを引き寄せてしまう?!

勉強には基礎から応用が存在します。基礎を知らずに応用を使うと、とんだしっぺ返しがやってきます。

 

それは、願ったことと反対のことが実現してしまう、ということです。

 

小学生の自分が、いきなり大学生のテキストを渡されて「あなたの願いは本当は全て叶っているのです」と言われても、「叶ってないじゃん!叶っていないのは、自分が悪いせいなのか?!」と、自分を責めてしまうかもしれません。

 

自分を責めるということは、願いを叶えるための大きな障害でしかありません。基礎を知らずに、応用から始めるということは、このような回り道をしてしまいます。たくさん失敗した私だから、強くお伝えしたいことは、

 

基礎から学ぼう!

 

です。

 

基礎を知らずに、amazonにて耳障りの良い本ばかりを集めても、たまたま成功した人が書いた内容は、読んだ後に元気は出るけれど、数日で読んだことさえ忘れてしまっているのではないでしょうか。

 

数千円で買える無駄な数十冊より、数万円で買える貴重な一冊のほうが、情報量が圧倒的に異なります。

 

私が、この基礎を学べるこのテキストに出会ったのは一年前。そのころの自分は、まだ本気度が足りなくて、テキストの存在を知りつつ、スルーしてました。

 

そして、amazonにて気になる本を取り寄せまくったけれど、一年後、全く変わっていない自分に気づいて愕然とし、本気で泣きました。

 

「本気で変わりたい!」というスイッチが入って、購入を決意します。

 

読み進めるたびに、今までの本が、いかに断片的な情報だったかということに気づかされます。都合の良いことだけを考えているだけでは、幸せになれないこと、寄せ集めていた情報のパズルが、最後にピタ!っとくっついた達成感を感じらたのです。

 

なぜ成功する人が成功するのか、なぜ幸せな人が幸せなのか、本当にわかりやすい。

 

支払った対価はきちんと戻ってきています。いや、支払ったそれ以上を受け取っています。お金で買うことのできない、大好きな人との絆が手に入りました。おまけてきな幸せだと、自腹を切らずに、土地と家があっという間に手に入りました。

 

なぜ自分にだけ引き寄せの法則が効かないのか、なぜ本願だけが叶わないのか、を知りたい方は、このページを読むだけでも学びがあるので、ぜひこちらをクリックして読んでみて。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓