久しぶりに

amazonですごく惹かれる一冊に出会い、

すぐに購入!

、、、といきたかったのですが、

 

本を購入することを控えている自分もいたので、

著者の名前を検索してみると、

youtube動画を発見しました。

 

 

そこで、

自分の認識がガラリと変わる内容が紹介されていたので、

amazonに戻って、ポチリ!

久々に素晴らしい本でした。

 

どこに響いたのか、というのは、ズバリ!

 

エネルギーについてです。

 

波動(エネルギー)については、

様々な分野で語られていますが、

このようにマトリックス図にしてわかりやすかったのは、

初めて出会いました。

 

波動が低くても願いが叶ってしまうメカニズムが知りたい方は

ぜひぜひ必見です!

 

 

願いを叶えるためには、感謝よりエネルギーが大切だった

 

スピリチュアル界で、当然のルールとして語られている

「わくわくしていれば叶う」ということを推奨されています。

 

「わくわく」は、

英訳の間違いで

正しくは「エキサイト」

つまり、興奮することがわきあがってくる状態が、

願いが叶うコンディションであるのは

間違いないのでしょう。

 

 

では、このようなコンディションになるためには?

 

周りに感謝をして、

ありがとうを1000回唱えるとか、

トイレを掃除するとかの方法論がありますが、

私はこれがとても不思議でした。

 

 

自分が実際に「思考して実現した」と確認できる過去の成功体験を振り返ってみても、

そのときは、

マイナスなことばかりを考えていてどん底だったり、

 

 

決して、

良い言葉を発しているだけで、

波動を高くするだけで

願いが叶いまくるのでは

ないような気がしていたので、

 

ここで答えを発見できたようで

久々に「アハ体験」のような

爽快感に包まれております(笑)

 

 

 

ここで語られているエネルギーの高さ、低さ、
加えて、エネルギーの強さ、弱さ、

 

 

私はいままでここを混同していましたが、

現実と照らし合わせても、

 

エネルギーの低い人(不躾であったり、平気で人を困らせたりする人)でも、のうのうと(言葉が悪くてすみません!)不当な収入を得て暮らしておられる方がごまんといる。

 

 

反対に、清貧で、慎ましやかに暮らしていて、良い物事を取り入れることで、常に高い意識を保っておられる方が、エネルギーの低い人に巻き込まれてトラブルにあっている。

 

 

宇宙って平等ではないの?

 

良いことをすれば、良いことが戻ってくるのではないの?

 

でも、自分の成功体験を振り返ってみても、

そこに「楽しみ☆」とか「ワクワク☆」なんて感情は存在せず、

「どうにかしなくちゃ(><)」って、

変な焦りがMAXになった、その次の瞬間に叶っている気がしてて、

 

昨今の

 

「ワクワクしていたら叶う」という風潮には

疑問を感じていたのですが、、、

 

願いを叶えることに必要なのは、

波動の高さではなく、強さ

そこをおざなりにしているから、現状維持が続いてた、

ただそれだけだった。

 

ということに、気づかされた一冊でした。

 

 

 

そういえば、

THEチケットの7章でも書かれているんですね

悪者でも、願望が実現するということを信じていれば、悪いことでも叶ってしまうのである。叶うことに疑問を持たなければ、叶うんです。

 

ちょっとくらい、イージーモードで生きているほうが、叶いやすい。

 

これは、どうでもいいことが叶いやすくて、どうしても叶えたいことが叶わないというメカニズムも、同じように働いている。

 

叶う、叶わないの違いは、

決して、崇高な想いなど必要なく、

感謝しているとか、

掃除しているとか、

(エネルギーを蓄えるために必要なことだけれど)

自分が叶う、と信じられるものであれば、

なんでもいいんだっていうことね☆彡

 

波動が変わる! あなたが変わる! 人生が変わる!

 

 

 

過去の辛い経験が、あなたの才能を引き上げる

 

この本を読んで思ったのは、

「成り上がり」という言葉について。

 

小さい頃に満たされなかった想い、願望は

濃縮されて、ものすごいエネルギー源となる、

だから、

若い頃に苦労した人たちは、

そのエネルギーを爆発させて成功させる、

 

それを私たちは「成り上がり」と呼ぶ

 

エネルギーを充電させる方法は

様々あるけれど、

基本は自分を自分で認めるということ、

 

つまり、自愛

 

徹底的な自愛

 

結局は自愛。

 

 

自愛という言葉が、スピっぽいから、言い換えると、自尊心?

自分で自分を認める力だと思う。

 

小さい頃に親からなんらかの否定を受けて育ってしまっている私たちは、自分を認めることが下手で、

 

それでも、生きている中で、何かを達成した時には、自分で自分を褒めることができるので、、、自尊心が低すぎる人は、時々、お試しのように、トラブルが空から降ってくる。

 

これを乗り越えたときに、あなたはやっと自分を認めることができるでしょ?だから頑張って~

 

と言わんばかりに、トラブルが降ってくる。

 

 

乗り越えてみた!

私、すごいじゃん!!

やればできるじゃん!!!

 

(つまり、神様は乗り越えられない壁はつくらないっていうのは、そういうこと。トラブルっていうのは、乗り越えて、自信をつけさせるためのものだからね☆彡)

 

ということは、常に自分で自分を認めることができていれば、トラブルなんて今後、おこらないんじゃないだろうか、という発想の転換。

 

正解かどうかはわかりませんが、最近、トラブルが起こったとしても、解決した後に知ったり、なんだか周りがとっても優しいので、

 

このブログを立ち上げた数年前よりかは、確実に自分のことを認められるようになっているんだろうなーって思うのでした。

 

 

願望実現したければ、さくっと自分を認める努力をしてみよう。

その方法は、今日紹介したこの本にとても詳しく書かれてあったので、興味ある方はぜひ一読を☆彡